コンセント差し込み口を適当に設置した結果、使えないものが出てきました

初めての建売ではない新築物件ということもあり経験がある家族に任せておけば大丈夫と安易に考えていたことが良くありませんでした。

自室の間取り説明の際コンセントの位置確認がありました。

私は一度引っ越しをしていてその際には特に不自由がなかったこともあり、特に変更する必要は無いと考えました。

家族もあなたがいいなら大丈夫ということでそのまま設置して頂いたのも良くなかったです。

私はコンセントがどこにあっても家具の位置を調整すればおおむね大丈夫であろうと家具を部屋に順応させればいいという考えを持っていました。

実際に配置をするとコンセントが隠れてしまう箇所が一つは出てきてしまいました。

楽観的に考えすぎて元居た家と新築では部屋の間取りが違うので置き方にも限りが出てくるということが抜けていました。

なので仕方がなく延長コードを使い部屋の飾りにならず使えるよう処置しました。

次回があるのなら、自室のコンセント位置を確認された時までには使用する家具を決めてサイズ(幅・高さ・奥行)を測定し配置を決めておくことが大切だと体感しました。

測定し配置を決めておくならば、家具を置かない場所に設置してもらえるだけでなく設置場所を高くして対処することもできるからです。

事前準備をし理想の部屋にしたかったです。

参考:https://野田市注文住宅.net/