エストロゲン発生のメカニズム

エストロゲンが多く分泌されている女性はきれいと言われているのをご存知でしょうか?

エストロゲンとは女性ホルモンなのですが、別名美人ホルモンと言われるほど、女性の美しさを保つ為に必要だと考えられています。

エストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)、エステトロール(E4)の4つのホルモンを総称してエストロゲンといい、更年期障害や薄毛などの悩みに大きく関係してきます。

このエストロゲンは生理の周期に合わせて分泌されます。

年齢は若いうちの方が多く分泌されますが、最も多く分泌されるのは20代~30代に掛けて、30代に入ると次第に減少して、40代、50代になると更に減少し、更年期障害や薄毛の原因になります。

エストロゲンは卵巣から生成されるので、基本的には卵巣の機能を正常にしておくことがポイントです。

無理なダイエットなどをして生理が不順になったり、止まってしまうと、当然生理の周期が乱れてしまいますので、正常なエストロゲン分泌がされないことになります。

過度なダイエットは自律神経のバランスを崩し、エストロゲンの分泌を助ける性腺刺激ホルモンが減少してしまいます。

そして、エストロゲンは恋をすることでも多く分泌されるとも言われています。

恋をするとドキドキすることが増えますよね。

このドキドキはドーパミンやセロトニンを多く分泌させ、その影響でエストロゲンも多く分泌されると言われています。

そのほか、薄毛情報マトメにも書かれていますが生活習慣も薄毛を引き起こす原因とされています。

ストレスや血流の悪さ、睡眠不足なども大きく影響しますので、十分注意する様にしましょう。